• 医院案内
  • コンセプト
  • 診療案内
  • インプラント
  • 義歯・入れ歯
  • 料金表
  • 求人案内
診療科目
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 義歯・入れ歯
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科

料金表
求人情報

医院情報
西永福やまだデンタルクリニック

〒168-0064
東京都杉並区永福3-53-15

03-6379-4888

月〜金:
9:30〜13:00 / 14:30〜20:00
土:
9:30〜13:00 / 14:00〜17:00
休診日:日・祝

大きな地図はこちら

インプラント

矯正治療の流れ

1:初診相談

実際に患者様のお口の中を拝見し、現在のお口の中の症状、矯正治療の必要性、
当院での矯正治療について(おおまかな治療内容、料金・期間、等)をお話させていただきます。
お子様の場合、始める時期も重要になります。

2:検査

お顔・お口のお写真や、レントゲン撮影、お口の型などをとります。

3:診断

検査の結果を元に、現在の患者様の症状に一番適した治療方法を具体的にご説明いたします。
また、料金、期間等についても、詳しくご説明いたします。
(検査から1ヶ月程度かかります)。

4:矯正治療開始

混合歯列期(成長期のお子様)の場合
主に取り外しのできる装置を用い、あごの矯正を行います。来院頻度は1〜3ヶ月に一度程度です。

永久歯列期(成人矯正)の場合
上下に固定式の装置を用い、期間は1年半〜2年半ほどかかります。
来院頻度は、1ヶ月に1度程度です。

5:保定

矯正の装置をはずした後、歯並びの安定、後戻り防止の目的で、
保定装置(リテーナー)を使用していただきます。
期間は1〜2年で、来院頻度は3ヶ月に1度程度です。

抜歯が必要な際には、口腔外科医が担当します。

矯正の装置がお口の中に入ると、普段の歯磨きが難しくなることがありますが、
   適切な歯磨き指導を行いながら、院長先生と連携して、
   矯正治療中に虫歯や歯周病にかからないよう、バックアップいたします。

具体的な治療例

永久歯列期(成人矯正)の治療例

上顎前突(出っ歯)

治療前

治療後

下顎前突(受け口)

治療前

治療後

叢生(歯の凸凹)

治療前

治療後

開咬(歯が開いて噛み合わない)

治療前

治療後

永久歯列期(成人矯正)で使う固定式装置

クリアブラケット メタルブラケット

特徴
メタルブラケットと比べ、透明なので目立ちにくい

特徴
凸凹が少なく薄いので、違和感は少ないが、金属色なので少々目立つ

 
リテーナー(保定装置)
 
混合歯列期(小児矯正)で使う取り外し式装置

下の顎を前に出す装置