• 医院案内
  • コンセプト
  • 診療案内
  • インプラント
  • 義歯・入れ歯
  • 料金表
  • 求人案内
診療科目
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 義歯・入れ歯
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科

料金表
求人情報

医院情報
西永福やまだデンタルクリニック

〒168-0064
東京都杉並区永福3-53-15

03-6379-4888

月〜金:
9:30〜13:00 / 14:30〜20:00
土:
9:30〜13:00 / 14:00〜17:00
休診日:日・祝

大きな地図はこちら

小児歯科

小児歯科について

虫歯の治療で来る子供たちを増やしたくない。歯医者さん嫌い…怖い…と思っているお子様が、「歯医者さんなんて全然平気!また期待!」「“歯”って大切なんだ」と思ってくれるような小児歯科を目指して。

子供が笑顔で通いたくなる歯科医院を目指して
子供の目線になって治療を進めることはとても大切です。
そしてなにより、治療後、子供の歯医者さんに対しての
トラウマを無くすケアが重要だと考えます。
最終的に歯医者さんは“歯をキレイにしてくれる楽しい所”と
感じてもらえるところまで指導をしていくことが目標です。

子供にとって、むし歯の治療はとても嫌なものです。
当院では、お子様とのコミュニケーションを大切にします。

場合によっては最初の何回は治療せず、
診療室の道具や雰囲気に慣れていくところから始めていくなど、
お子様が怖がらず、 安心して治療を受けられるよう最善を尽くします。

3才以上 まず初診で来たお子様には Tell Show do法でアプローチ

Tell=お話する(これから何をするのか小児に分かる言葉で説明) Show=見せる(実際に使う器具を見せ、大丈夫だと理解させる) do=行う(話をしたことを行う)

十カウント法や、トークンエコノミー法、オペラント条件付け等

治療を終えたお子様に対しての定期検診の流れ

また、ただ治療するのではなく、その子にとって今、
本当に必要なことをその子の成長発育を考えて行っていきます。

治療だけではなく、年齢にあったブラッシング方法、お母様の仕上げ磨きの方法やおやつ指導、
フッ素塗布などのむし歯予防処置や正常な永久歯列を作るために、
歯並びについても必要であれば矯正治療を行っています。

◎お母様方が日頃お子様のお口の中で分からないと思っていることがございましたら、
 お気軽にご相談下さい。

子供のころからの虫歯予防の重要性

乳歯は生え変わるのだから治療は不要でしょうか。
そのようなことはありません。乳歯自体は将来的に生え変わりますが、
お口の中の細菌の状態は大人になるまでずっと引き継がれるものです。

乳歯のときから虫歯になりにくい環境を作ってあげると、
健康な永久歯が育成され、虫歯になりにくい丈夫な歯になります。
乳歯の虫歯をほっておくと、下に萌えてくる永久歯にも
影響をあたえる可能性が出てきます。

また、虫歯で本来抜ける時期でない時に乳歯を無くしてしまうと、
永久歯の萌出スペースが足りず、歯並びを悪くする原因にもなります。
当院では歯科医院による専門的な予防処置はもちろんのこと、
家庭でもできる虫歯予防のアドバイスを行っております。

家庭でできること

歯がはえてきたら、まず歯磨きの練習をしましょう。
毎食後30分前後に磨くのが良いです。

就寝中は虫歯菌が活発化しますので特に就寝前の歯磨きには
念入りに磨いてください。 歯ブラシはヘッドが小さくて
植毛がしっかりしているものを選んで下さい。
強い歯をつくるために、歯磨剤を正しく選んで正しく使うことも大切です。

※当院では、年齢や歯の生え方に応じ、歯科医院専用の歯ブラシや
 歯磨剤を紹介しています。お気軽にお尋ね下さい。

◎歯磨きの順番を決めて磨くこと
 →子供はだ液が多いので下の歯から磨いてしまうと良い。

◎歯ブラシを嫌がるお子様には、まず口の中に物が入るということを慣れさせることが大切。
 ガーゼを指にまいて拭くだけでもOK!!

<子供用ハブラシ>

一般のものよりヘッドが小さく、細かいところまで磨けます。

<歯科用歯磨剤(一般では販売していません)>

フッ素が配合されており、虫歯の予防効果があります。
低発泡、低研磨のため、お口の中に長くフッ素が停留し、市販の歯磨剤より高い予防効果が得られます。

歯科医院で行う虫歯予防

通常の歯磨剤に含まれるフッ素濃度は1000ppm以下ですが、
当院では9000ppmと 高濃度のフッ化物を使用します。
これにより、さらに高い虫歯予防効果が期待できます。

虫歯予防の効果を持続させるために3か月から半年に一回の定期的なフッ素塗布をお勧めしています。